健康づくり研究会とは

 

薬膳健康づくり研究会の紹介

 

健康づくり研究会とは
 

薬膳健康づくり研究会 ロゴ 日本型薬膳の研究と調理実習人生を楽しくいきいき過ごすためには、健康が何にもまさる宝です。この礎となるのが食生活です。

薬膳健康づくり研究会は、平成元年から日本型薬膳の研究や調理実習を続けてきました。

「一食一食を大切に考え、食事を通して病気を予防し健康で楽しく健やかに生きる(未病先防)」を目的に活動しています。

中国伝統医学の理論に基づいて現代栄養学的な配慮をし、日本の食文化を根底に中西医結合の薬膳をめざしています。

また、「薬食同源」といわれている薬膳の普及活動などにより、人々の健康寿命の延伸の支援を推進していきます。

少子超高齢社会を健やかに過ごせるよう、“食を通しての健康づくり”  “地域を通じての健康づくり” を発信していきます。

 

Withコロナ・あらたな出発
 

 会員の皆さまには日頃から当会の活動にご協力いただき、厚くお礼を申し上げます。

「誰でもどこでもできる薬膳料理と健康づくり」~免疫力を高める秋から冬の薬膳料理~ 5回シリーズでお届けします。 この講座は、令和2年度新型コロナウィルス感染症の影響に伴う「市民公益活動緊急支援助成金」を活用して行っております。ぜひ、お友達やお知り合いの方々にもおすすめください。

 

 今年に入ってからの新型コロナウイルスによる影響は極めて大きく、3月には会員の安心安全のため休会。その後、緊急事態宣言が4月7日に出され、5月25日に解除になりました。

 しかし新型コロナウイルス感染拡大防止のため3密の回避、ソーシャルディスタンスを図るため教室会場(特に調理実習室)の使用禁止・会場使用についての制限等があり、現在も休会を余儀なくされております。そのため、当会といたしましてはいろいろと模索しながらの活動を行わざるを得ない状態に置かれていますが、コロナウイルスと共存した新たな時代におけるこれからの様々な取り組みと対応にご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月から7月までの5ヶ月間、すべての教室を休会としました。令和2年度は9月より開講とします。開講にあたりましては、それぞれの会場において適切な感染防止策を講じて進めてまいります。

 本年はあらたな出発として、一般教室、栄養士教室、また専修科も大々的にリニュアルしました。外来講師として10人の新しい先生方をお迎えし、希望と期待が満ちたカリキュラムを用意していましたがとても残念なことになってしまいました。本年休会となりました専修科やオープン講座は次年度に開催する予定ですので、楽しみにお待ちください。

これからの、当会の活動の基本は薬膳の知恵を生かした「with コロナ」ではないかと思います。ウイルスと共存する「扶正袪邪」対策・未病先防が大事な要素です。9月に元気でお会いしましょう。

 

 また、休会の間にパソコン・スマホ・タブレット等を活用した講座の開設に向けて準備を整えてきましたが、このたび、「オンライン薬膳講座」開設の運びとなりました。

「誰でもどこでもできる薬膳料理と健康づくり」~免疫力を高める秋から冬の薬膳料理~ 5回シリーズでお届けします。

 この講座は、令和2年度新型コロナウィルス感染症の影響に伴う「市民公益活動緊急支援助成金」を活用して行っております。ぜひ、お友達やお知り合いの方々にもおすすめください。

 

 なお、毎年10月に開催しております講演会は誠に残念ですが中止とさせていただきます。

 総会につきましては役員会の決定で紙面総会に変更しました。皆さまのご意志を議決権行使書で表していただき有難うございました。なお、長年役員としてご尽力いただきました久野緋沙子氏は今期の総会をもって役員を退任しました。ありがとうございました。新たに、新任役員に三宅弘美氏を迎えました。よろしくお願いします。

 

会長 和田 俊子    

 

※ホームページからも入会のご案内をし、申込みができるようになっています。 詳しくは、申し込みのご案内のページをご覧ください。

 

 

タグ: