健康づくり研究会とは

 

薬膳健康づくり研究会の紹介

 

健康づくり研究会とは
 

薬膳健康づくり研究会 ロゴ 日本型薬膳の研究と調理実習人生を楽しくいきいき過ごすためには、健康が何にもまさる宝です。この礎となるのが食生活です。

薬膳健康づくり研究会は、平成元年から日本型薬膳の研究や調理実習を続けてきました。

「一食一食を大切に考え、食事を通して病気を予防し健康で楽しく健やかに生きる(未病先防)」を目的に活動しています。

中国伝統医学の理論に基づいて現代栄養学的な配慮をし、日本の食文化を根底に中西医結合の薬膳をめざしています。

また、「薬食同源」といわれている薬膳の普及活動などにより、人々の健康寿命の延伸の支援を推進していきます。

少子超高齢社会を健やかに過ごせるよう、“食を通しての健康づくり”  “地域を通じての健康づくり” を発信していきます。

 

新しい時代に向けての準備
会長 和田 俊子
 

 会員の皆さまにはお変わりなくお過ごしの事と思います。  

 日頃から当会の活動にご協力いただき厚くお礼を申し上げます。  

 今年度の通常総会は新型コロナウィルスまん延防止等重点措置の中でしたが、2年ぶりに対面での開催ができました。皆さまのご協力のもとに各議案が滞りなく審議され、ご承認いただきありがとうございました。

 昨年度あらたな出発として、大々的にリニューアルしたもののコロナの影響で休会となってしまいました専修科やオープン講座は順次開催しておりますが、残念なことにオープン講座Ⅱ「食をデザインする」はコロナ感染防止対策の影響により紙上勉強会に変更になってしまいました。この講座は、現代栄養学の基本的な食事の組立て方や日本型食生活の栄養バランスなど、薬膳とは異なった視点から食事を考え、薬膳的健康生活に生かすヒントをいただければと考え設定した講座です。針谷先生からのご指導は次回にお願いしたいと考えています。

 

 ワクチン接種が進み始め、1年前とは異なった世界に変化しているこれからの時代の当会活動の基本は、薬膳の知恵を生かした「アフターコロナ」対策ではないかと思います。

ウィルスと共存する「扶正袪邪」対策・未病先防が大事な要素となります。その意味で、総会時の「コロナワクチン接種の準備」と題しての、邱紅梅先生の特別講演は今の私たちにとても貴重で有意義なお話でした。

 社会情勢が不安定な現状下では、何もしなければ人間の行動は内向きになりエネルギーの発散が難しくなってしまいます。4月から開始した教室で会員の皆様の笑顔に接していると、皆が求めているのは薬膳の学習・実践・エネルギーの発散の場であるということを強く感じました。薬膳を通した仲間づくり、さらには「会員以外の方も参加できる講座の開講」「時代に即した発信方法の構築」等アフターコロナを目指して新たなチャレンジを進めてまいります。

 

最後になりましたが、川崎教室はコロナ禍の影響や諸般の事情が重なり教室の継続ができなくなり今年度からの活動を休止します。平成9年に横浜市内以外で初めて開講した教室でのべ450名の会員により24年間つながってきました。川崎教室の皆様のご協力に感謝します。

 

※ホームページからも入会のご案内をし、申込みができるようになっています。 詳しくは、申し込みのご案内のページをご覧ください。

 

 

タグ: