役に立つ身近な 食品・生薬

魚腥草

 

役に立つ身近な 食品・生薬

 

魚腥草(ぎょせいそう) 別名(十薬・ドクダミ草)

 

(名称)

魚腥草(ドクダミ科)、十種の効能があるので十薬、また特有の臭気を  毒気と思われ、(毒溜ドクダメ)がドクダミに変化。

(産地)

北海道の南部から本州、四国、九州と各地の陰地に野生する多年草で、東アジアに広く分布。

(特徴)

地下茎は白く枝分かれして伸びる。茎は20~50cm。
葉は広卵心形で無毛。葉の付け根に托葉がある。 
白い花弁に見えるのは苞で、真の花は中央に棒のように伸びた花茎の周囲に小さな花が密生している。

五味子

 

役に立つ身近な 食品・生薬

 

五味子(ごみし)

 

(名称)

五味子 (和名):「実葛(さねかづら)真葛とも書く」
「美男葛(びなんかづら)」
朝鮮五味子の果実 生薬には乾燥したものを用いる

(科目)

モクレン科 夏に黄白色の花
秋に鮮やかな赤い実をつける

(性味)

温/果実の皮肉:甘酸
中核(種):辛苦
果実全体:酸・苦・甘・辛・辛・鹹の味があり
五味子と言われる。

芍薬

 

役に立つ身近な 食品・生薬

 

芍 薬

 

~30周年記念祝賀会プログラム表紙デザインによせて~

 

芍薬(しゃくやく)の花は牡丹の花とよく似ていて区別がつきにくい。簡単に言えば芍薬は草で牡丹は木です。

牡丹は婦人科のケア等で用いられますが、使い方に注意が必要で一般的ではありません。そこで今回は、漢方薬として身近な芍薬を紹介します。

ページ